ミネラル豊富な梅を食べやすい「梅ジャム」にして夏バテ予防!

体によい梅ジャムを作ろう!

あつ~い夏には、ミネラル豊富な梅を食べやすい梅ジャムにして、夏バテ予防してみませんか?

梅には身体に必要なミネラルが豊富に含まれています。梅のミネラル含有量はミカンやリンゴ、ブドウよりも多くなっています。

また、梅のクエン酸は、新陳代謝を促し体内の老廃物の排出を促進してくれます。これにより、むくみの解消、美肌や老化防止なども期待できるスーパーフードなのです。

でも、酸っぱさが苦手な方やお子さんにとっては、食べにくいマイナスイメージがもたれております。

そこで、梅ジャムにして食べやすくすることで、梅のもつ豊富な栄養を取り入れることができます。
梅ジャムは、料理の隠し味としても使えるので一石二鳥です。

1.簡単梅ジャムの作り方

用意するもの:梅(黄色く熟したもの)・グラニュー糖(梅の重量の40%~50%)・密封できる容器(煮沸消毒しておく)

1-1.梅をきれいに洗う

1-2.梅のヘタを爪楊枝で取ります。

1-3.鍋にお水を入れ沸騰させてから梅を入れます。(3分~5分ほどでやわらくなります)

1-4.冷ましてから種を取ります。鍋に実とグラニュー糖を入れて煮詰めます。最後にレモン汁を数滴いれます。(木のへらで梅の皮をすりつぶすように混ぜて煮詰める)

1-5.とろみがでてきたら火を止め冷ます。瓶に入れて出来上がり。

裏ごしすることで上品な仕上がりになります。(お好みで)

※グラニュー糖の代わりに三温糖でもよい。また入れる量もお好みで調節してください。(はちみつを入れてもよい)

保存期間:1か月。冷凍すると日持ちします。

梅ジャム 梅ジャムの冷凍

パンにつけて食べてもおいしい!!

2.簡単梅ジャムヨーグルトのデザート

超簡単!

用意するもの:梅ジャム、ヨーグルト

2-1.ヨーグルトに梅ジャムをのせてできあがり。

梅ジャムとヨーグルト

※お好みでドライフルーツ等のせてもおいしいです。

3.きゅうりの梅ジャム和え

夕食のもう一品にピッタリ!

用意するもの:きゅうり1本、梅ジャム小さじ1、酢小さじ1、袋

3-1.きゅうりを切って袋に入れる。

3-2.梅ジャム、酢小さじ1を入れてもむ。

3-3.冷蔵庫で冷やして出来上がり。

きゅうりのうめサラダ

※梅干しの苦手な方や子供でも食べやすいです。

4.さわやか梅ジャムドリンク

夏にピッタリのさわやかドリンク!

用意するもの:梅ジャム 小さじ2、氷適量、炭酸水

4-1.グラスに氷、梅ジャム、炭酸水を入れてかき混ぜる。

※甘味が足りない場合は、はちみつを入れてもOK

さわやかドリンク

ホットドリンクで飲んでもおいしい!

4.まとめ

10年前に、梅ジャムのレシピを教えてもらったことで作るようになりました。
夏の異常な暑さと冷房の冷えとで、私自身、体の気だるさがありましたが、梅ジャムを毎日食べることで軽減しました。

熟した梅は、青梅より安く手に入ります。また、冷凍梅も売られています。

ドレッシングにジャムを足すだけで、上品なサラダドレッシングができあがり!

 

 

タイトルとURLをコピーしました