土用の丑の日 うなぎを食べると夏バテしない!栄養効果はどれくらい? 

うなぎを食べると夏バテしない!栄養効果はどれくらい?

うなぎは、夏バテや疲労などに効果があると言われています。

また、「夏の土用の丑の日にうなぎを食べると夏バテしない」とされ「土用のうなぎ」とも言われています。

2021年は7月28日(水)が丑の日になります。

土用の丑の日が近づくころには、スーパーなどで「土用のうなぎ」の広告を多く目に留まるようになります。

土用のうなぎ

うなぎの栄養効果は?

うなぎは、ビタミンA、B1、B2、D、EやDHA、EPA、 ミネラル(鉄、亜鉛、カルシウム)など栄養素が大変豊富な事でも有名です。

 

夏バテ解消、体力回復、風邪・視力低 下・皮膚障害・味覚障害・脳卒中の予防、口内炎・口角炎・ストレス・高血圧の予防などによいとされています。

アジやサバと比較すると、ビタミンA、B1、B2などは10倍以上、カルシウムも約5倍はあります。

アジやサバと比較

ビタミンA

皮膚や粘膜を健康に保護し,夜盲症の防止やカロチンの吸収を助ける等の作用がありあす。

ビタミンB1・B2

皮膚や粘膜を保護、再生してくれる働きがあり、口内炎をはじめ、口角炎、舌炎、咽喉炎、皮膚炎に効果があります。

ビタミンE

ホルモンのバランスをコントロールし不妊症や早産、自律神経失調症を防ぎ,ニキビ・シミ・ソバカス・肌荒れに効果あります。

DHA・EPA

脳の働きを活発にする、血管を丈夫にするなど効果があります。

すごい栄養効果!

夏の土用の丑の日にうなぎを食べるきっかけをつくってくれた人は誰か・・・

参考:うなぎの栄養素 / 疲労回復のヒント

 

タイトルとURLをコピーしました