りんごを食べて健康と美容を手に入れよう!りんごコンポートレシピ!

りんごコンポート

りんごは、早生種は8月末から収穫がはじまりますが秋から冬にかけてが旬です。

サクッと食感があり、蜜がたっぷり入っていて甘くておいしいです。

「1日1個のりんごは医者いらず」ということわざもあるように、たくさんの栄養価が含まれていて、健康と美容に効果の見られる果物です。

りんごの皮には血管に良い働きが期待できるプロシアニジンがたっぷり含まれています。腸に良い働きが期待できる食物繊維の一種ペクチンも多く含まれています。

また、りんごは加熱調理(100℃以上)すると食物繊維であるペクチンが6倍~9倍に増えるといわれ、栄養成分をたくさん採りいれることが出来ます。

腸内環境を整えることで、便秘を解消してくれる効果が期待できます。

腸内環境によい

 

食事毎にデザートとして、料理メニューに加えたり、おやつにとこまめにりんごを召上るのはとても健康的です。

いろいろな料理にもアレンジできる、シンプルなりんごコンポートの作り方を紹介!

 

1.りんごコンポート(リンゴ煮)のレシピ

材料:りんご1個、水100cc、 砂糖大1(お好みで)、はちみつ大1、レモン汁少々

①りんごの皮を剥き、12等分のくし切りにし、芯を取る。皮は取っておく。

②鍋に水、レモン汁、りんごの順に入れ、砂糖、はちみつを振り入れ火にかける。

りんごを煮る

③沸騰してきたら蓋をして弱火にし、約10分煮る。途中、鍋をゆすり煮汁を全体に行き渡させる。

④冷まして完成。

コンポート完成

多めに作って冷やしておくと、ヨーグルトやパンにのせてジャム代わりにもなって便利。

赤りんごは皮ごと一緒に煮込むと綺麗なピンク色になります。
※冷蔵庫で4日間ぐらいは保存可能です。

 

りんごコンポートのアレンジ!

アップルパン

アップルパン!

食パンにバターを塗り、コンポート1/2個分を並べてトースターで3分焼き、焼きあがったら粉砂糖を振って完成。

あっさりした甘さがあとを引きとてもおいしいです。

休日のブランチにいいかも~!

2.ひとこと

りんごの日

青森県弘前市では、毎月5日は「りんごの日」と制定されてます。
また、長野県では11月22日を「長野県りんごの日」と制定されてます。

毎月5日、11月22日はりんごを食べましょう!

参考:りんご大学
https://www.ringodaigaku.com/study/

 

スポンサーリンク
あったか~いお鍋を食べれば、冷え切った体も心もポカポカ!(リピート顧客70%以上!)
リピート顧客70%以上!

タイトルとURLをコピーしました