家庭のカレーがお店の味へ変身!トマトカレー!

家庭のカレーがお店の味へ変身!

家庭の味=あ袋の味として思い浮かべるのは、肉じゃが、煮物、漬物などいろいろあるかと思いますが、我が家では、カレーライスが家庭の味といえます。

各家庭ごとに、独自のアレンジがあって、毎日食べたくなるような味、それがカレーなんですね。

我が家でもカレーライスは、よく食卓にあがっていました。特に給料日前など。😊
匂いで今日はカレーだと子供の頃に喜んでいた記憶があります。

きょうはカレーだ~!

どこにでもあるカレーなんだが、懐かしい思い出となってより美味しさを増しているような・・・

今でも市販のルーで簡単に作ってますが、なんとトマトを入れて煮込むだけでいつものカレーがお店のカレーのように、うまみ、酸味、コクがプラスされおいしくなります。

しかも、トマトと玉ねぎの水分だけで作る無水カレーです。

無水カレー

忙しい方でもお店のカレー味を作れる、しかも市販のルーを使って簡単に!
トマト、野菜の旨味がぎゅっとつまって、まろやかでコクのあるカレーができます!

 

1.トマトカレーの作り方

材料:2皿分

ごはん 400g 玉ねぎ・・・ 1/2、トマト・・・2個~3個、ツナ・・1缶  にんじん・・・1/2本、しめじ・・・1/3房、ピーマン・・・1個  A(すりおろしニンニク 小さじ1/2、すりおろし生姜 小さじ1/2)、市販ルー・・・2皿分 、カレー粉・・小さじ1(なくも大丈夫ですが入れることでコクがでます)

 

①玉ねぎは1cm幅に切りる。

②にんじんは食べやすい大きさに切る。ピーマンは1cm角に切り。

③トマトは、皮を剥ぎざく切りにします。

④鍋にサラダ油、Aを入れて熱し、香りが立ったら①を入れて中火でしんなりするまで炒めます。

⑤ツナ缶を汁ごと、にんじん、しめじ(手でほぐし)④に入れ炒める。

⑥ ④にトマトを入れて蓋をし、時々混ぜながら弱火で10分程煮ます。

⑦溶けやすいように市販ルーを刻で入れる。ピーマンを入れて全体に味が馴染んだら火から下ろします。

⑧お皿にごはんを盛り付け、⑦をかけたら完成です。

トマトカレー

カレールーの量は、お好みで調整してください。また、具材は、お好きな野菜を加えてお作りください。

トマトの種類にもよりますが、ミニトマト(40個使用)でカレーを作ったときの方が甘味を強く感じ個人的にはは好きです。ただ、水分がすくないので、水を100CC足して調整しました。

具材は火が通りやすい大きさに切った方がベストです。煮込む時間が長くなるにつれ水分がなくなり焦げやすくなります。ジャガイモなど入れる場合は、電子レンジで事前に少し柔らくしておくと良いかも。

2.トマトの皮を簡単に剥く

①トマトのヘタを取る。

②ヘタがあったところを十字に数センチ切れ目を入れる。

③沸騰したお湯に入れる。(30秒前後)

④皮が少し捲れたら取り出す。あとは、手で簡単にさっととれます。

3.ひとこと

トマトと玉ねぎの水分だけなので、うまみが凝縮され、酸味、甘味が加わります。いつも辛口市販ルーで作ってますが、トマトが加わることで辛さより甘さ、コクが際立ちます。辛さが苦手な方、お子さんでも美味しく食べれると思います。夏には夏野菜、秋にはキノコ類など具材として入れるのもGood!

 

我が家では安い市販のルーを使ってます。

リコピン豊富なミニトマトの3分レシピはこちら≫

 

各自治体の助成金対象商品!
タイトルとURLをコピーしました