ほんの少しのことで”差”がつくショートカットキー ”Word編”

実務に役立つショートカットキー ”Word編”

マイクロソフトのワードでよく使われるショートカットキーをご紹介!

業務でワードで資料を作る機会が多いのではないでしょうか。
少しでもスムーズに行くように活用してみてください。

時間短縮!効率化!

ほんの少しのことで”差”がつく!

仕事ができる人になる!

1.コピーしたテキストを書式なしで貼り付ける

PDF、WEBページの文字をコピーで貼り付けた場合、「フォントの大きさ、フォントの斜体など」が反映されます。反映させたくない場合に活用するとよいです。

Alt→H→V→Tの順番で押す。

Alt→H→V→Tの順番で押す

Alt→H→V→Tの順番で押す。

2.改ページ・ページを区切る

続きの内容を次のページから入力する場合に使うとよい。

Ctrl + Enter

Ctrl + Enter

3.日付を入力する

ファイルを編集している日付に自動で更新してくれます。

Alt + Shift + D

Alt+Shift+D

※Alt→N→D の順に押してダイアログボックスから選択することもできます。

4.現在の時刻を入力する

ファイルを保存して再度開くと、開いた時刻へ変更になります。

Alt + Shift + T

Alt+Shift+T

5.文字を1ポイントだけ大きく、または小さくする

1ポイント大きくする

Ctrl+大かっこ閉じ む」

Ctrl+大かっこ閉じ む」

小さくする

Ctrl+大かっこ「

Ctrl+大かっこ「

例)天気の部分だけ選択して、Ctrlを押しながら む」を5回押した結果です。

ポイント大きくする

6.文書内の文字数や行数を表示する

ページ数、単語数、文字数、段落数、行数など文書内の文字情報を表示したいときは便利です。

Ctrl+Shift+G

Ctrl+Shift+G

文字情報を表示

 

PCショートカットキー基本編はこちら>>

PCショートカットキーExcel編はこちら>>

PCショートカットキーPowerPoint編はこちら>>

 

スポンサーリンク
高性能・低価格のPDFソフト。テレワークの拡大に貢献します。
 

タイトルとURLをコピーしました