ほんの少しのことで”差”がつくショートカットキー”PowerPoint編”

ほんの少しのことで”差”がつくショートカットキー”PowerPoint編”

マイクロソフトのPowerPointでよく使われるショートカットキーをご紹介!

業務でPowerPointを使って資料を作る機会が多いのではないでしょうか。
少しでもスムーズに行くように活用してみてください。

時間短縮!効率化!

ほんの少しのことで”差”がつく!

業務効率化を目指そう!!

1.新しいスライドを追加する

Ctrl+M

新しいスライドを追加

 新しいスライドを追加

2.スライドやスライド内の要素を複製する

Ctrl+D

複製する

例1)スライドを選択してCtrl+D(複製)した状態。

複製する

※図形、テキストボックスなどを選択した状態でCtrl+Dを押すとコピー&貼り付けが実行されます。

3.スライドショーを開始・終了

スライドショーを開始「F5」

スライドショーを開始

※スライド1から開始されます。

スライドショーを終了「Esc」

スライドショーを終了

表示しているスライドショーから開始する場合「Shift+F5」

表示しているスライドショーから開始する場合

4.図形を挿入(図形一覧表示)

「Alt→ N → S → H」順に押すと「挿入」タブの図形の一覧表示される。

タブの図形の一覧表示

タブの図形の一覧表示

5.複数のオブジェクトをグループ化する(Word/Excel共通)

Ctrl+G

グループ化

※図形、テキストボックスをひとまとめに扱えることができるため、全体の移動や大きさの変更など1回で済みます。

PCショートカットキー基本編はこちら>>

PCショートカットキーExcel編はこちら>>

PCショートカットキーWord編はこちら>>

 

タイトルとURLをコピーしました