ほんの少しのことで”差”がつくショートカットキー ”Excel編”

実務に役立つショートカットキー ”Excel編”

マイクロソフトのエクセルでよく使われるショートカットキーをご紹介!

 

時間短縮! 効率化!

ほんの少しのことで”差”がつく!

 

仕事の効率を大きく左右する!

 

 

 

1.セル内のデータを編集する

編集したいセルを選択してF2を押すと編集できる状態になる。

 

セル内のデータを編集

セル内のデータを編集

 

2.日付を入力する

Ctrl+れ セミコロン

 

日付を入力する

当日の日付を入力できます。TODAY関数と異なり、ファイルを開きなおしても自動で更新はされません。

日付を入力する

 

3.現在の時刻を入力する

Ctrl+け コロン

 

現在の時刻を入力

データを入力している時点の時刻を入力します。NOW関数と異なりファイルを開きなおしても自動で更新はされません。

現在の時刻を入力

 

4.合計を入力する

合計を入力したいセルを選択

ALT+Shift+ =(ほ)

 

合計を入力する

 

合計を入力する

 

Enterをクリックすると合計が入力される。

合計を入力する

選択しているセルに隣接する数値のデータから自動的にセル範囲が選択され、SUM関数が入力されてる合計の値が入力されます。

 

5.セルA1に移動

Ctrl+Home

 

セルA1に移動

 

セルA1に移動

最後のセルが選択されている状態で有効。

 

6.データが入力された最後のセルに移動する

Ctrl+End

 

最後のセルに移動

 

最後のセルに移動

 

セルAが選択されている状態で有効。

スペースのみのセルや、文字列のセルが空白でも、データが入力されていると判別されます。

思わぬセルへ移動した場合は、空白セルの所を行き、列を削除して上書き保存する。(7番を参考にして空白セルを探してください)

 

7.見た目は空白なのに空白じゃないセルを探す

セルの空白をカウントしたときに、空白扱いされないセルがあった時などにお試しください。

Ctrl+G

空白セルを表示

「セル選択」をクリック

空白セルを表示

「空白セル」チェック→OKクリック

空白セルを表示

 

白くなっている所が、空白扱いされていないセル

空白セルを表示

 

※ セルにスペース、文字列のセル設定、シングルクォーテーションなどセルに入っていると、空白セルとしては扱われないようです。

 

8.表をテーブルにする

Ctrl+T
選択したセル範囲に含まれるデータから自動的に表作成する

表をテーブルにする

 

表をテーブルにする

 

表をテーブルにする

 

9.グラフを作成

ALT+F1

選択したセル範囲に含まれるデータから自動的にグラフが作成されます。

 

グラフを作成

 

グラフを作成

 

 

タイトルとURLをコピーしました