疫病除け・コロナ感染除け「赤べこ」

疫病除け赤べこ

福島県会津地方には、昔から代表的会津玩具として赤べこがあります。
昔から赤べこを飾ると疫病にかからないと言い伝えがあり、疫病除けとして赤べこを飾る家も少なくありません。

私の田舎でも子供の頃から赤べこを飾ってました。会津地方だけでなく近県でも昔から親しまれている玩具でした。

疫病除け赤べこ

赤べこの体に描かれた黒い斑点は疫病の跡といわれ、赤べこを近くに置くと「流行り病」に感染しなかったという伝説があります。

伝説にあやかり、コロナ感染除けとして「赤べこ」を飾る人も増えてきているようです。

新型コロナウイルス終息するようにと願い、私も購入しました。

特徴
素材が紙でできているので軽いし、首から上がゆらゆらと揺れる動くとてもかわいい赤べこです。

 

赤べこの由来

会津地方では、牛のことをベコと呼びます。1200 年程前、会津柳津・福満虚空蔵尊圓蔵寺の建立の際、最後まで働き通したのが、赤色の牛と伝えられています。
その赤色の牛にあやかり、昔から子供の誕生には壮健を祈り、又疫病除としても贈られ、親しまれている玩具です。

 

自分で作れる型紙があります。自信のある方プリントアウトして挑戦してみてください。

自作型紙はこちら>>

 

参考:会津若松市

新型コロナウイルス退散!赤べこと一緒にみんなでがんばっぺ!! | 会津若松市

 

 

大切な家族にかわいい洋服を!

 

各自治体の助成金対象商品!
タイトルとURLをコピーしました