QRコードを簡単につくっちゃおー!

QRコードを簡単につくっちゃおー!

スマートフォンが普及したことで、名刺やチラシ、パンフレット等にQRコードが貼られているのを見る機会が増えています。

ホームページのURLやEmailの情報などのQRコードを作成して名刺やチラシ、パンフレット等に貼りたいな~と思っている方も多いのではないでしょうか。

QRコードをアプリでスキャンするだけで直接URLを入力することがないので大変便利です。

QRコード作成ソフトを購入しなくても無料で利用できるソフトもたくさんあります。

でも、会社のURLだから無料は心配だわ?

Excelで簡単に作成できますよ!

ExcelならPCにインストールしているから・・手軽で安心ね!

ExcelでQRコードを作る方法

Excelの「開発」タブを使います。

開発タブが表示されてない場合

1.Excelを立ち上げる→オプション→「リボンのユーザ設定」より左側の「開発」を選択して「追加」。
OKして閉じる。

「開発タブ」が表示完了したら手順に沿って行ってください。

①開発タブ>挿入>ActiveXコントロール>コントロールの選択

開発タブ>挿入>ActiveXコントロール>コントロールの選択
②「Microsoft Barcode Control 16.0」を選択して、OK

Microsoft Barcode Control 16.0
③マウスでQRコードを生成する

マウスでQRコードを生成
④バーコードからQRコードに変更

 ・バーコードを右クリック→
 「Microsoft BarCode Control 16.0オブジェクト」→「プロパティ」を選択する

バーコードからQRコードに変更
・「スタイル」→「11-QRコード」→OKボタンを押す

OKボタンを押す
バーコードからQRコードに変更されます。

⑤QRコードの内容を設定する

・QRコードを右クリック→「プロパティ」

QRコードの内容を設定

⑥URLを「Value」に直接入力する(例:https://clarice.blog)

URLを直接入力する

これでQRコードの出来上がり。でも、このままではパンフレットや名刺などには貼り付けられません。

⑦画像の種類を選択

・コピーして形式を選択して貼り付ける

コピーして形式を選択して貼り付ける

・貼り付ける形式を選択する(例:PNG)→OKする

画像変換

⑧新たにできたQRコードを画像として保存する

Excel for Microsoft365をお使いの場合

 右クリックメニューに「図として保存」して完了

図として保存

Microsoft365以外の場合(Excel2013~2019)

QRコードをコピーしてWordやPowerPointなどへ張り付けて、右クリックで「図として保存」をクリックしていただければOKです。

又は、Excelファイルを保存して拡張子をzipへ変更する。

拡張子を変更することで、「ファイルが使えなくなる可能性があります」メッセージが出ますので「はい」をクリックする。

zipファイルを開き「xl」→「media」フォルダの中にーemf png等の画像が出来上がってます。

あとは、スマホで読み込みしてサイトが立ち上がるか確認するだけです!

QRコード

GROXIL(グロキシル)

 

 

タイトルとURLをコピーしました