Google2段階認証 不正ログインを防げ!

Google2段階認証 不正ログインを防げ!

パスワードによる認証のみでは、悪意のある第三者に不正にアクセスされる危険性があります。

ログイン時に電話番号、メールアドレスでの本人認証を追加する「2段階認証」を有効にすれば、セキュリティは強化されます。

Googleだけではなく、ネットバンクやショッピングサイトなど2段階認証を有効にすることをおススメいたします。

過去4回、不正にクレジットカードを使われたことがありました。

なりすましを防ぐためにも「本人認証」を追加しましょう!

Googleの2段階認証の紹介で~す!

 

2段階認証って?

2段階認証を設定すると、ログインする際に、通常のパスワードを入力したあと、さらに確認コード(ワンタイムパスワード)の入力が求められるようになります。

確認コードはテキストメッセージか音声通話、モバイルアプリを介して携帯電話やスマートフォンに送信されます。このコードは1回しか使用できません。
ワンタイムパスワードは、メールやスマートフォンへ1回だけ使用のパスワードが送信されます。

2段階認証

2段階認証を有効にする

Googleの2段階認証についての説明です。

①Googleのトップページにアクセスしてログインし、画面右上のアカウントのアイコンをクリックして、「Gooleアカウントを管理」をクリック。

ログイン

②Googleアカウント画面が表示されるので「セキュリティ」をクリック「2段階認証プロセス」をクリック。

セキュリティ

③「使って見る」をクリック。

使って見る
④パスワード入力画面にパスワードを入力して「次へ」クリック。

電話入力

 ⑤ログインの 2 つ目の手順としてスマートフォンを使用画面で「続行」クリック。

スマートフォンを使用

⑥携帯電話やスマートフォンの電話番号を入力し、「コード取得方法」を選択する。ここでは(テキストメッセージ)をチェックし「送信」をクリック。

スマートフォンを使用

⑦しばらくすると指定した番号に「Google確認コード」がメールで送られてきます。確認コードを入力し、「次へ」クリック。

コード入力
⑧「有効にする」をクリック。

有効にする

以上、2段階認証プロセスが使えるようになります。

海外で確認コードを受け取ることができなくても大丈夫です。「バックアップコード」が用意されています。1回限りのコードが用意されています。(事前にメモしておく)バックアップコード
 

Googleへログインしてみよう!

2段階認証後のログイン

①Googleトップページで「ログイン」をクリック、メールアドレス入力し「次へ」クリック。

②パスワード入力し「次へ」クリック。

③しばらくすると設定した受取り方法で、確認コードが送られてきます。

④確認コードを入力

⑤「次へ」クリックするとログインできます。

 

タイトルとURLをコピーしました